運営団体について

特定非営利活動法人 日本レスキュー協会とは?

日本レスキュー協会は、災害救助犬(レスキュードッグ)の育成・派遣を中心に世界規模で活動するNGO団体(NGO:Non-Governmental Organization)です。
国際救助機関として、災害時には国内外問わず、広く活動しています。

また、災害救助活動のほか、セラピードッグの育成・派遣や捨て犬・捨て猫の保護など動物福祉・愛護活動も行っており、認定NPO法人(NPO:Not-for profit Organization)として国からの認定を受けております。

→詳しい活動内容については「日本レスキュー協会オフィシャルサイト」をご参照ください。

日本レスキュー協会活動マップ

名称 特定非営利活動法人 日本レスキュー協会
(Japan Rescue Association)
住所 〒664-0832
兵庫県伊丹市下河原2-2-13
セラピードッグメディカルセンター内
地図
TEL 072-770-4900
FAX 072-770-4950
E-mail info@japan-rescue.com
設立年月日 平成7年(1995年)9月1日
理事長 吉永 和正
協会役員 副理事長  伊藤 裕成
理事    程  一彦
理事    河合 伸朗
理事    北畑 英樹
理事    早川 住江
理事    岡  武
理事    安隨 尚之
監事    鵜飼 卓

日本レスキュー協会 3つの活動

1. 災害救助犬(レスキュードッグ)の育成・派遣

日本レスキュー協会では、国内外を問わず、緊急災害時に災害救助犬(レスキュードッグ)を派遣して救助活動を行っています。有事の際にいつでも出動できるよう、常に出動準備を整えております。

災害救助犬(レスキュードッグ)の育成・派遣

2. セラピードッグの育成・派遣

ドッグセラピー(高齢者や認知症、自閉症など様々な障害を持つ人々や被災者に対し、心や身体のリハビリテーションを目的としたセラピー活動)の為に必要なセラピードッグを育成・派遣しています。

セラピードッグの育成・派遣

3. 動物福祉・保護・愛護活動

年間約10万頭、1日およそ270頭の犬や猫達が、小さな命を絶たれている現状を踏まえ、日本レスキュー協会では、動物福祉・保護・愛護活動を行っています。

動物福祉・保護・愛護活動